写真 写真

今年もあいおいニッセイ同和損保株式会社様から寄付金をいただきました。(2020.3.3)

 この寄付は、同社が保険契約者に発行する証書や約款をペーパーレス化したことで、その作成にかかっていた資源やエネルギーの削減につながり、コストカットできた分の一部を地域で活動する環境団体に寄付するというものです。
 小学校や市民センターでの環境講座の開催など、当センターの草の根の環境活動を評価いただき、今年も受け取ることができました。
 去る2月27日、寄付金の贈呈式が行われ、藤本和也青森支店長より当NPO法人代表理事渋谷拓弥に目録が手渡されました。
 藤本支店長からは、これからも地域に根ざした環境活動を息長く続けてくださいという励ましのことばをいただきました。
 これに対して渋谷代表は、地球温暖化防止活動は、効果がすぐには見えにくい活動だが、少しずつ、みんなが取り組むことが大切で、それを評価していただき感謝しています。今後の活動に生かしていきますとお礼を述べました。



※クリックで拡大表示




大栄小で「大すき!あおもり」で出前授業をしました(2020.3.3)

青森市立大栄小学校で、2月14日今年度最後の「大すき!あおもり」キューブで出前授業を行いました。
 大栄小学校は青森市浪岡にある学校です。この日は複式学級で一緒に学ぶ5年生と6年生11名が、オリジナル環境教育ツールを使って青森市のことを学びました。
 大栄小のある浪岡地区にはりんご園が広がっています。そこに生息するフクロウが青森市の鳥だと知って驚いている子もいました。また、地球温暖化の影響が青森市の自然にも見られることを知り、どうすればそのスピードを抑えることができるか、自分たちにできることは何かを考え、全員が発表してくれました。
 授業終了後の振り返りシートは、教室にある大きな丸テーブルを使ってみんなで一緒に書きました。仲の良い、とてもすてきな大栄小のみなさんでした。
 振り返りの感想からは、青森市と浪岡地域を誇りに感じ、地球を大切にしたいという思いが伝わりました。


※クリックで拡大表示




沖館小で「大すき!あおもり」で出前授業をしました(2020.3.3)

 青森市立沖館小学校で2月5日、卒業を間近に控えた6年生を対象にオリジナル環境教育ツール「大すき!あおもり」を使った出前授業を行いました。
 沖館小学校は青森駅や青森港に近い、全校児童600人を超える市内有数の大きな学校です。学校の歴史も古く、青森市の発展も傷ついた姿も間近で見て来た学校です。
 子ども達は、キューブを使って青森市の歴史や文化を学び、青森市の環境変化が地球温暖化の影響を受けていることを学びました。
 最後の発表タイムでは、地球のために自分にできることをがんばりたいという感想が多く、中には家族も巻き込んでエコな活動をすると宣言した子もいました。
 子ども達が青森市を誇りに思い「大好き」になってくれたら、そして、自分の暮らしとつながっている地球の環境を大切に思ってくれたら嬉しいですね。



※クリックで拡大表示




令和元年度環境活動団体交流会を開催しました(2020.3.3)

青森市アスパム会議室において、2月1日、今年度の環境団体交流会を開催しました。
 今回の交流会は、前半に青森大学SDGs研究センター副所長、佐々木豊志先生の講演、後半はグループワークを行いました。
 推進員16名のほか、ボランティア活動団体や行政職員、市会議員など多様な人々が参加しました。
 佐々木先生の講演のテーマは「森の時代はSDGsだった 〜学生とともに考える地域循環共生圏」で、地球環境を維持するには、私たちが自然と共生する生き方を選ぶ必要があると先生は訴えていました。また、イグルー(カナダ北部、イヌイットの住居)作りを通して地域の魅力発信に取り組む活動発表など、参加者は興味深く聴いていました。
 後半は、「SDGsをロジックモデルでかじってみよう」と題して、近頃さまざまな場面で話題になっているSDGsを理解するワークショップを、ロジックモデルを使って行いました。
 グループには「海洋ゴミ」や「気候変動」、「食品ロス」など違うテーマが与えられ、それらを解決するロジックを組み立てて発表しあいました。




※クリックで拡大表示



あおもり地熱開発理解促進シンポジウム(2020.1.27)

クリックでPDF表示

現在、青森市の八甲田地区では、地熱発電に向けた調査が行われています。地熱発電の仕組みやメリット、温泉資源との両立等を市民の皆さんと共に考えるシンポジウムを開催します。  ご当地アイドルユニット「G.M.U」によるクイズなどを交えながら、楽しく地熱を学びましょう。詳しくは主催団体にお問い合わせください。



東北の未来をつくるSDGs 東北ESD/ SDGsフォーラムin仙台(2020.1.27)

クリックでPDF表示

SDGsのゴール達成に向けた取り組みは、持続可能な地域の未来につながっていきます。  ESD、SDGsに関心のある皆さんの学びとなるフォーラムが仙台で開催されます。  詳しくは主催団体にお問い合わせください。



エコ活サロンin浪岡(2020.1.27)

1月26日(日)、浪岡地区子ども会育者研修会の活動として、エコ活サロン&スマートムーブ出張講座を開催しました。参加したのは浪岡地区の子供会育成関係者26名で、講師をアースレンジャーの今京子さんと柏谷公子さんが務めました。
 最初に「子供達の未来のために!できることから始めよう」をテーマに、動画やパワーポイントを使ってエコでお得なエコ活について学びました。
 後半は廃食油を使ったエコ石けん作りとエコドライグシミュレーターを体験しました。


(左)最初に地球温暖化について学びます(右)エコドライブシミュレーターに挑戦
※クリックで拡大表示




未来のAomoriシンポジウム(2020.1.27)



エッコーくいずに挑戦、クールチョイスに
ご賛同いただきました
※クリックで拡大表示示

1月14日(火)、ラ・プラス青い森(青森市)において、未来のAomoriシンポジウム(令和元年度もったいない・あおもり県民運動推進大会)が開催されました。
 この会場の一角で、今年度最後のCOOL CHOICEあおもりローラー作戦を実施しました。
 今年度も県内各地でローラー作戦を展開し、たくさんの皆さんにクール チョイスあおもりにご賛同いただきました。ありがとうございました!
 今後とも、地球温暖化対策のための国民運動「クール チョイス(=賢い選択)」にご協力ください。



第1回青森県ESD/SDGs勉強会を開催しました。(2020.1.5)


※クリックで拡大表示示

12月22日(日)、青森市男女共同参画プラザ(アウガ)において、第1回青森県ESD/SDGs勉強会 を開催しました。当センターと東北地方ESD活動支援センターが主催し、共催は日本ESD学会、青森大学SDGs研究センターと弘前大学の協力で開催しました。
 参加者は小学校の先生を中心に、むつ市、階上町、八戸市、五戸町、弘前市など県内各地から教育関係者、地球温暖化防止活動推進員23名が参加しました。
青森大学SDGs研究センター 藤公晴センター長による「SDGs時代の学び:国際的な潮流とどう向き合うか」と題した講演に続いて、気仙沼市立市鹿折小学校の浅野亮校長と福島県只見町の斉藤修一元教育長から実践してきたESD/SDGs活動の紹介がありました。
青森県のESD/SDGsはやっと扉に手がかかった状態にあります。参加したみなさんはその扉を開くため、熱心に聞き入っていました。
 後半は(一社)コ・クリエーションデザインの平田裕之氏をファシリテーターにワークショップを行いました。
 この勉強会は今回を第1回として、継続して開催する予定です。この勉強会を通じて青森県のESD/SDGsが前進していくことが期待されます。今回参加した皆さんはその牽引力となっていくことでしょう。



ヒロロスクエア クリスマスフェスティバル でエコ活サロンを実施しました。(2020.1.5)

12月22日(日)、弘前市ヒロロスクエア でクリスマスフェスティバルが開かれました。  クリスマス前の日曜日とあって、会場にはたくさんの親子連れが訪れ賑わっていました。  ここで、エコ活サロンを実施しました。集まった親子16組24名が、「環境にもお財布にもやさしいエコな暮らしの知恵」を学びながら、家庭で捨てられる廃食油を原料に作るエコキャンドル作りを親子で楽しみました。今年のクリスマスをやさしい灯が照らしたことでしょう。


※クリックで拡大表示




青森市環境フェア2019!(2020.1.5)

今年で9回目を迎える青森市環境フェア2019を12月15日(日)に開催、約1,000人の来場者がありました。恒例の青森市環境保全活動団体表彰やイオンチアーズの子供達による活動発表に続いて、今年は初めての試みとして、青森市南中学校演劇部による環境演劇「浦島太郎 ?現代・この海で」と、青森市浦町小のエコ活動発表、青森高校自然科学部による「むつ湾のマイクロプラスチックの研究」発表などがありました。交流学習室では青森明の星高校生による「SDGsってなに?」コーナーや、青森高校家庭クラブによる「青高自炊塾」の紹介がありました。また、エコサポーター活動紹介、リサイクル工作や手作り体験コーナー、企業やNPO、行政の環境活動を展示するコーナー、エコドライブドライブ シミュレーターや県産材積み木など、環境を考える楽しいコーナーがたくさんあり、参加者が足を止めて説明を聞いていました。


(左)イオンチアーズの皆さんの発表(右)SDGsで輪投げ

(左)エコルも来てくれました(右)リサイクル工作は楽しいね

(左)牛乳パックでハガキを作ろう(右)今年のむつ湾の絵コンクール参加作品最後の展示

※クリックで拡大表示



エコ活サロンin深浦(2020.1.5)

12月10日(火)、11日(水)の両日、エコ活サロンin深浦を開催しました。10日はめぐみこども園子育て支援センターほほえみで(参加者6名)、11日は深浦中央公民館で、参加者は5名でした。講師はいずれも深浦町在住のアースレンジャーの世永恵美子さんが担当しました。はじめに、クリスマス前ということで、手作りキャンドル体験をしました。講師の世永さんが1年かけて採集したコスモスやパンジーの押し花や押し葉を、ピンセットを使ってジャムの空き瓶の壁に内側から上手に貼り付け、溶かしたロウを静かに注いで自分だけのキャンドルを完成させました。ロウが固まるまでの時間は、エコ活応援ブックを使って「環境にもお財布にもやさしいエコな暮らしの知恵」講座です。冬の暖房費節約のヒントなどを学びました。キャンドルは防災にも役立つので、家庭に1個は常備しましょうという世永さんの話に、参加した若いお母さんたちは、大きくうなづいたり、笑ったりしていました。


(左)めぐみ保育園子育て支援センターほほえみでの様子(右)深浦公民館での様子

できあがった押し花キャンドル

※クリックで拡大表示



地球を守ろうin八戸 でエコ活サロンを実施しました。(2020.1.5)



※クリックで拡大表示示

12月9日(月)、八戸市ポータルミュージアムはっちで開催された「STOP 気候変動 地球を守ろうin八戸 谷口たかひさ講演会」に参加、講演会終了後、参加者を対象にエコ活サロンを実施しました。午前の部、午後の部合わせて31名の方が参加して、「環境にもお財布にもやさしいエコな暮らしの知恵」を学びました。  講師はアースレンジャーの今京子さん。先輩主婦として、暮らしの中の「エコ」についてわかりやすくお話しました。



エコ活サロンin三沢(2020.1.5)



※クリックで拡大表示示

 12月4日(水)、三沢市地域子育て支援センター主催の活動としてエコ活サロンin三沢を開催しました。参加したのは0〜1歳の赤ちゃんを連れた若いお母さん8名、ハイハイやつかまり立ちの赤ちゃんをあやしながらのサロンとなりました。  講師はアースレンジャーの佐々木秀智さんで、最初に動画やパワーポイントを使って「環境にもお財布にもやさしいエコな暮らしの知恵」を学びました。毎日子育てに忙しいお母さんたちにとって「エコ」を心がける余裕はあまりなかったと言いますが、テキストのエコ活応援ブックを興味深そうに見ていました。後半は廃食油を使った石けん作りを体験しました。



3010運動で食品ロスを減らしましょう!(2020.1.4)

クリックで拡大表示

詳しくは主催団体にお問い合わせください。 https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/ryourihatabekiru-month.html



東北の未来をつくるSDGs 東北ESD/SDGsフォーラムin仙台(2020.1.4)

クリックでPDF表示

詳しくは主催団体にお問い合わせください。 >



ハクチョウのまちシンポジウム(2020.1.4)

クリックで拡大表示

詳しくは主催団体にお問い合わせください。



未来のAomoriシンポジウム(2020.1.4)

クリックでPDF表示

詳しくは主催団体にお問い合わせください。 https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/2020-suishintaikai.html



→トップへ戻る