写真 写真

青森市環境フェア2019!(2019.11.30)



※クリックでPDF両面表示示

今年で9回目を迎える青森市環境フェア2019を12月15日(日)に開催します。
 今年の目玉は青森市南中学校演劇部による環境演劇「浦島太郎 ?現代・この海で」と、青森市浦町小のエコ活動発表、青森高校自然科学部による「むつ湾のマイクロプラスチックの研究」発表です。「SDGsってなに?」コーナーも新設しました。
 恒例の青森市環境保全活動団体表彰やイオンチアーズの子供達による活動発表もあり、これまで以上に充実した内容となりました。  交流学習室には、手作り体験コーナー、企業やNPO、行政の環境活動を展示するコーナー、エコドライブドライブ シミュレーターや県産材積み木など、環境を考える楽しいコーナーがあります。屋外には水素で走る水素自動車ミライも展示します。エコクイズラリーで抽選もあります。
年末の1日、ご家族みなさんでおいでください。



第10期青森県地球温暖化防止活動推進員(あおもりアースレンジャー)募集!(2019.11.30)

青森県では、地域の方々に地球温暖化の知識の普及やエコ活動の紹介・助言をする「あおもりアースレンジャー」(青森県地球温暖化防止活動推進員)を募集しています。
 エコや創エネに関心のある方、地域に密着した活動に取り組みたい方のご参加をお待ちしています。一緒に活動しませんか?締め切りは12月27日。詳しくは青森県環境政策課まで。

https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/coolchoice_aomori.html


「水循環の旅」学習発表会(2019.11.30)



※クリックでPDF両面表示示

12月8日(日)、板柳町「あぷる」で「水循環の旅」学習発表会を開催します。
 前半は津軽地域の小学生が水循環について学習した成果を発表します。
 後半は「水のつながり」と津軽地域の自然環境と題して、県立六戸高校教頭の奈良岡隆樹氏(環境公共プロフェッショナル)の講演があります。
お問い合わせは青森県農林水産部 農林水産政策課まで。
メール:nosui@pref.aomori.lg.jp



第35回青森県生協大会に出展しました(2019.11.30)

11月14日(木)、県内の生協組合員が一堂に会し、交流を深める青森県生協大会に出展、地球温暖化防止について知ってもらう展示と体験活動をしました。皆さん生協組合員とあって、「家計簿」を環境の視点からみる環境家計簿に興味を示す人も多く、エコドライブシミュレーターでは、日頃からエコドライブを意識して運転している人が多く見られました。


環境家計簿を体験

※クリックで拡大表示




浅虫で地球温暖化を考える講座を開催しました(2019.11.30)

11月10日(日)、青森市の浅虫町民会館において、浅虫まちづくり協議会主催の「地球温暖化を考える-海はどうなる-」を開催、地域の皆さん45名が受講しました。
 講師は地球温暖化防止コーミュニケーターで青森市ストップ温暖化センター長、白鳥五大。地球温暖化のしくみや、それがむつ湾に面した温泉地浅虫に与える影響について、具体例を交えてお話しました。集まった人たちは、毎日見ている海の変化が地球という大きな環境変化とつながりがあることを聞いて、驚いたり納得したりしていました。



※クリックで拡大表示




浪岡公民館まつりに出展しました(2019.11.30)

 11月16日(土)、浪岡中央公民館(青森市)で開かれた浪岡公民館まつりに出展、エコドライブシミュレーター体験と保冷剤で作る芳香剤作り体験を実施しました。
 芳香剤作りでは、どこの家庭にもある保冷剤を簡単に芳香剤に変えられることに驚き、自宅でも試してみたいという人がたくさんいました。


(左)エコルがお出迎え(右)保冷剤で芳香剤作り

※クリックで拡大表示




ブロック合同推進員研修を開催しました(2019.11.30)

 11月16日(土)、リンクステーションホール会議室(青森市)において、北海道・東北地域で活動する温暖化防止活動推進員が一堂に会し、SDGsに関連した日頃の活動やその成果、悩みを共有し、交流を深めるため、北海道・東北ブロック合同推進員研修を開催しました。福島県を除く各地域から推進員とスタッフ48名が参加しました。
 始めに秋田県仙北市 地方創生・総合戦略統括監の小田野 直光さんが講演、「SDGs未来都市」指定を受け、地方都市におけるトップランナーとして取り組んでいる先進事例を学びました。後半は各地域センター推進員の活動発表が行われ、青森県(青森市)からは環境教育ツール「大好き!あおもり」を使った模擬授業が行われました。
 参加した推進員にとって、他県の推進員の活動を知るいい機会となりました。


(左)仙北市 小田野さんの講演(右)青森県(市)の推進員活動発表

※クリックで拡大表示




第5期青森市地球温暖化防止活動推進員が始動しました!(2019.11.30)

これからの出張環境講座やイベントで活躍していただく第5期青森市地球温暖化防止活動推進員(エコサポーター)がこのほど決定し、10月31日、新規3名を含む15名の皆さんに青森市長から委嘱状が交付されました。委嘱期間は令和3年10月31日まで。(50音順)
 これからいろいろな場で登場します。よろしくお願いいたします。



※クリックで拡大表示




青森ワッツ、五所川原開催ゲームでCOOL CHOICEあおもりローラー作戦!(2019.10.27)


エッコーに会ったよ
クリックで拡大表示

 10月20日(日)五所川原市民体育館で行われた青森ワッツの試合で、COOL CHOICEあおもりローラー作戦を実施しました。試合前のエキシビジョンで立ちねぷたのお囃子やダンスを披露した子ども達は、エッコーの登場に大喜びでした。この日は西津軽地域に住むあおもりアースレンジャーが運営サポートに当たりました。



親子エコecoクッキングin浪岡(2019.10.27)

 10月19日(土)浪岡中央公民館で、親子エコecoクッキングを開催しました。
 最初にあおもりアースレンジャーの土岐泰さんが、地球温暖化のお話をオリジナル教材「食育キューブ」を使ってした後、あおもり食命人柿崎和江さんが講師となって、生ごみを出さない、時間短縮のエコクッキングを学びました。親子で作った料理はどれも美味しく、浪岡産の紅玉を使ったりんごパイは格別おいしくできました。また、津軽地方の伝統料理「ねりこみ」にも挑戦。若いお母さん、お父さんのなかには初めて食べた、という人もいました。
 最後に調理で出た生ごみを計量したところ、18人分の料理に対しわずか185グラムで、参加者から驚きの声が上がっていました。

(左)はじめに地球温暖化と青森の食を勉強(右)包丁を見る目は真剣そのもの

※クリックで拡大表示




むつ市でCOOL CHOICEあおもりローラー作戦!(2019.10.27)

 COOL CHOICEあおもりローラー作戦が、10月14日(月・祝)、むつ市七福通り商店街「たなぶ七福祭り」で開催されました。
 台風19号の余波が残るなか、ハロウィン仕様の楽しいコスチュームの子ども達が立ち寄っては、手回し発電器で動く新幹線や扇風機で紙風船を飛ばして遊びました。ここでも多くの市民があおもりエコの環スマイルプロジェクトとCOOL CHOICEあおもりに賛同を寄せてくれました。


(左)手回し発電で電気をおこしてみよう(右)COOL CHOICEあおもりを説明

※クリックで拡大表示




ショッピングセンターであおもりスマートムーブキャラバン及びCOOL CHOICEローラー作戦!(2019.10.27)

 10月6日(日)イトーヨーカドー青森店において、あおもりスマートムーブキャラバン及びCOOL CHOICEローラー作戦!を開催しました。会場にはたくさんの親子連れが立ち寄り、交通安全危険予測シミュレーターやバスの乗り方教室、展示を見ながらの環境クイズに挑戦していました。
 子ども達に人気だったのは、ミニエコバッグにステンシル体験でした。クレヨンで自由に描いた絵が模様になる世界で1つだけのマイバッグづくりは、子ども限定にもかかわらず、用意した枚数はあっという間になくなってしまいました。
 会場では、あおもりエコの環スマイルプロジェクトとCOOL CHOICEあおもりへの賛同を呼びかけ、多くの市民が賛同を寄せてくれました。


(左)モーリー君とエッコーはいつも人気もの(右)ステンシルでオリジナルエコバッグ

※クリックで拡大表示




生涯学習フェアで遊びと学びのブースが盛況でした(2019.10.27)

 10月5日(土)、青森県総合社会教育センターで生涯学習フェア2019が開かれ、当センターは保冷剤で作る芳香剤づくりと環境家計簿の展示を行いました。
 参加者は、どの家庭にもある保冷剤がきれいな色の芳香剤になる様子を楽しんだり、家計簿を「環境」の視点から見る環境家計簿の考え方を学んでいました。


(左)保冷剤で芳香剤を作っています(右)環境家計簿について熱心に学ぶ参加者

※クリックで拡大表示




青森ワッツ今シーズン最初の試合にエコステーション!(2019.10.27)


ブースターの皆さんも
分別に協力してくれました
クリックでPDF表示

 9月28-29日、青森市カクヒロスタジアムにおいて、青森ワッツ今年度最初のホームゲームが開催されました。青森市ストップ温暖化センターは、今年度もエコステーションの設営で応援します。スポーツイベントを楽しんだら、ゴミは分別してエコステーションに!!
 出張かんきょう講座に興味をお持ちの方は、お問い合わせください。



むつ湾クリーンアッププロジェクト2019活動発表会開催!(2019.10.27)

 9月22日(日)、青森市ねぶたの家ワ・ラッセにおいて、「むつ湾むつ湾クリーンアッププロジェクト2019活動発表会」が開催されました。
 下北半島と津軽半島に囲まれた恵み豊かな海「むつ湾」は、その形から一度汚染されると簡単には回復できません。このプロジェクトでは、むつ湾をきれいにする意識を高めるために湾内の各地で清掃活動を行いました。この発表会では今年度の活動の成果を発表しました。
 発表に先立ち、むつ湾クリーンアップ宣言が行われました。
 基調講演では青森大学藤公晴教授が「再生の学びと変容、社会のしくみ」と題して、地域の自然環境を大切にする取り組みが、将来の社会を豊かにすることをお話しました。
 続く活動発表では、このプロジェクトに同行して海岸のゴミを調査した、弘前大学環境サークル「わどわ」の川原優輝さん、佐久間貴也さんが調査結果を報告しました。
 最後は下北ジオパークサポーターの会会長の小田桐隆夫さんが「海岸清掃から始まったふるさとづくり」と題して発表しました。
 このほか、1階交流学習室では、コンクールに参加した子供たちの作品が展示され、また、会場の外には夏泊半島に漂着した「海ごみ」で作った木戸永二作のオブジェ「マレビト」が展示され、多くの人々が足を止めて鑑賞していました。
 海洋ゴミは今、世界の課題となっています。小さな取り組みも世界中に広がれば、海はきれいになります。


(左)屋外に展示された「マレビト」(右)青森大学藤教授の基調講演

(左)弘前大 環境サークル「わどわ」の2人(右)下北ジオパークサポーターの会小田桐会長

※クリックで拡大表示



むつ湾の絵コンクール入賞作品(2019.9.28)

 むつ湾の絵コンクール2019の入賞者が決まりました。第4回を迎えた今回は、昨年より31点も多い128作品が集まりました。どの絵も海の楽しさが伝わる素晴らしい作品ばかりで、審査員はみなさんとても苦労したと話していました。
 審査の結果、大賞に選ばれたのは、幼児の部 細川千鶴さん(5歳)「たくさんのクラゲかわいいな」 小学生の部 中村ゆうさん(3年生)「海ではたらくパパとじじ」でした。
準大賞は幼児の部 森柚音さん(5歳)「パパがつったカレイ」 と横川奈々花さん(5歳)「海ってたのしいな」 でした。
準大賞小学生の部は佐藤碧さん(3年生)「海の上を散歩だぞ」 と山内心華さん(4年生)「手に持ったメバル」 でした。
 参加してくれた全ての作品は、11月19日(火)まで、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸 船内(無料)にて展示しています。ぜひご鑑賞ください。


幼児の部大賞:細川千鶴さん(5歳)「たくさんのクラゲかわいいな」

(左)幼児の部準大賞:森柚音さん(5歳)「パパがつったカレイ」
(右)幼児の部準大賞:横川奈々花さん(5歳)「海ってたのしいな」
※クリックで拡大表示

>



小学生の部大賞:中村ゆうさん(3年生)「海ではたらくパパとじじ」

(左)小学生の部準大賞:佐藤碧さん(3年生)「海の上を散歩だぞ」
(右)小学生の部準大賞:山内心華さん(4年生)「手に持ったメバル」
※クリックで拡大表示




グローブエナジーグループ秋の大感謝祭!(2019.9.28)

9月14日(土)15日(日)の2日間、青森県産業会館において、エネオスグローブエナジーグループ秋の大感謝祭が開催され、今年もストップ温暖化センターがブース参加して、地球温暖化防止とエコドライブをPRしました。エコドライブシミュレーターでお父さんがエコドライブ体験をしている間、子どもたちはエコルくんの塗り絵や絵本を楽しみました。


※クリックで拡大表示




弘前カルチュアロードであおもりスマートムーブキャラバン及びクールチョイスローラー作戦!(2019.9.28)

     9月15日(日)、弘前市の土手町通りで開催された土手町カルチュアロード2019において、あおもりスマートムーブきゃらばんクールチョイスあおもりローラー作戦・3つの「きる」キャラバンを実施しました。  開会と同時にたくさんの人がブースを訪れ、環境クイズや手回し発電で走るプラレール新幹線を楽しんでいました。会場ではあおもりエコの環スマイルプロジェクトのキャラクター、エッコーくんもクールチョイスをPR、弘南鉄道キャラクターラッセルくんも加わって人気を集めていました。


※クリックで拡大表示




定時総会を開催しました(2019.9.28)

  9月14日(土)、NPO法人青森県環境パートナーシップセンターの令和元年度定時総会が開催されました。
年々国や県の予算が縮小される中で、会費の役割は大きく、個人正会員(パートナー会員 年5,000円)と個人準会員(サポーター会員 年3,000円)の拡大を図っていくことが協議され、了承されました。
 また、今年は役員改選が行われ、新理事に志田崇さん(青森市)を迎えた役員体制でスタートすることで了承されました。新役員は次の通りです。引き続き、よろしくお願いいたします。

※クリックで拡大表示




今年も2カ所でゴーヤクッキング(2019.9.28)

    9月1日(日)と11日(水)、青森市横内市民センターと東部市民センターで、ゴーヤを使ったクッキング講座を行い、各センターとも12名が参加しました。最初に、県推進員の今京子さんから、材料を使い切る、油を使わないなど、環境に配慮した調理の方法を学んだ後、季節の野菜ゴーヤを使ったクッキングに挑戦しました。
   ゴーヤのわたも種も捨てることなく、丸ごと美味しく食べられることを知った参加者は、我が家の食卓でも試してみたいと話していました。


※クリックで拡大表示




ひらかわフェスタでクールチョイスローラー作戦!(2019.9.28)

   8月31日(土)、平川市のひらかドームで開催された「ひらかわフェスタ2019」で、クールチョイスあおもりローラー作戦・3つの「きる」キャラバンを実施しました。
 平川市の環境ブースのお隣で、食材は使い「きる」、料理は食べ「きる」、生ごみは水気を「きる」の3つの「きる」をPRし、クールチョイスあおもりへの賛同を呼びかけました。
 当日は、よいお天気にも恵まれ、近隣から多くの人が訪れ、アースレンジャーの説明をヒントに環境クイズに挑戦していました。


※クリックで拡大表示




しんまちふれあい広場で地球温暖化防止をPR(2019.9.28)

  8月25日(日)、青森市新町商店街で恒例の「しんまちふれあい広場2019」が開催されました。
 ここにストップ温暖化センターとしてブース出展を行い、大人には環境クイズに答えてもらい、子どもたちにはヨーヨー釣りを楽しんでもらいました。
 ヨーヨー作りには今年も高校生ボランティアが手を貸してくれました。


※クリックで拡大表示




第5期青森市地球温暖化防止活動推進員を募集しています(2019.8.21)

クリックでPDF両面表示

青森市では第5期青森市地球温暖化防止活動推進員(以下エコサポーター)を募集しています。
エコサポーターとは、地域における地球温暖化対策に関する活動をボランティアで行っていただく方です。
現在、第4期13名が活動しています。
主な活動は、学校や市民センターで行う出張かんきょう講座の講師やサポート、青森市や青森市地球温暖化防止活動推進センターが実施する事業への参加、地域での地球温暖化防止対策の普及などです。
エコサポーターになって、一緒に活動しませんか?
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

応募期間:2019年8月15日(木)〜9月13日(金)
問合せ、申込み:
青森市 環境部 環境政策課 地球温暖化対策チーム
〒030-0801 青森市新町1-3-7
TEL 017-718-0286  FAX 017-718-1083
メール:kankyo-seisaku@city.aomori.aomori.jp
詳しくは、チラシまたは青森市ホームページをご覧ください。



エコ活サロンを開催しました(2019.8.19)

 7月19日(金)七戸町明照子育て支援センターにて、エコ活サロンを開催しました。
 子育て中のお母さん7名と赤ちゃんが、ねぶた師の北村麻子さんがガイドする「エコ活!応援BOOK」をテキストに、アースレンジャーの山本泰二さんが講師となって“今すぐ”できる、“誰でも”できる、環境に優しい暮らしの工夫について学びました。
 後半は使用済みてんぷら油を再利用したフリフリ石けん作りを体験しました。
 エコ活サロンは子育て中のお母さんを対象にした、環境ミニ講座です。体験との組み合わせもできます。県内どこでも開催できます。希望の方はお問い合わせください。





※クリックで拡大表示



令和元年度推進員研修がありました(2019.8.19)

  7月20日(土)青森県男女共同参画センター(アピオ)にて、県地球温暖化防止活動推進員研修会を開催、23名の推進員が参加しました。
 はじめに東北地方環境事務所 地域適応推進専門官 金 鋼一氏により「地域における気候変動対策〜緩和と適応〜」の講演があり、最近顕著になっている異常気象災害等への「適応」について最新の情報を学びました。
 後半は5人の推進員がそれぞれが取り組んだ活動を紹介しました。


(左)(東北環境事務所 金専門官)


※クリックで拡大表示




COOL CHOICE あおもりローラー作戦 in八戸(2019.8.19)

  7月23日(火)と8月4日(日)八戸市においてCOOL CHOICE あおもりローラー作戦を実施しました。
 23日は、はちのへ環境フェア2019(ポータルミュージアムはっち)で、8月4日はヴァンラーレ八戸のホームゲーム(ダイハツスタジアム)で行われ、多くの市民が訪れ、エコクイズに挑戦したり、青森県の取り組みを紹介したパネルを見たりしていました。
 また、クールチョイス青森とあおもりエコの環プロジェクトにもたくさんの方に賛同いただきました。
 どちらの会場とも八戸地域のアースレンジャー(県地球温暖化防止活動推進員)がサポートに来てくれました。
 次のローラー作戦は8月31日(土)はひらかわフェスタ(平川市ひらかドーム)で行います。エッコーに会いにきませんか?


(左)ポータルミュージアムはっち (右)ダイハツスタジアム
※クリックで拡大表示




女性学習グループ「萩の会」で「大好き!あおもり」講座(2019.8.19)

クリックでPDF表示

  7月25日(木)青森市ほろがけ福祉館において、オリジナル教材「大好き!あおもり」を使った出張かんきょう講座を実施しました。  地域で様々なことを学ぶ「萩の会」の定例の学習会で、講師はエコサポーター(青森市地球温暖化防止活動推進員)の佐藤光子さん。
 昔の青森市を学ぶ面では、写真をみて懐かしい話題が広がり、笑顔が広がっていました。
 出張かんきょう講座に興味をお持ちの方は、お問い合わせください。



キッズ環境みなおし隊 を開催しました(2019.8.19)

 7月27日(土)青森市中央市民センターにおいて、夏休み恒例となった「キッズ環境みなおし隊」を開催しました。
 親子29名が参加して、環境に関する学習をした後、ガシャポンの製造過程で出るスポンジの端材と空きケースを使ったカプセルはんこ作りを体験しました。
 講師の柏谷公子さんをはじめ、エコサポーター数名が子ども達をサポートしました。
 会場は真夏の暑さでしたが、子ども達は自分だけのはんこ作りに一生けんめい取り組んでいました。



※クリックで拡大表示




青森ワッツと一緒にまちなか清掃キャンペーン!(2019.7.9)

クリックでPDF表示

 7月28日(日)、むつ湾クリーンアッププロジェクトの一環として、青森市マエダアリーナ(青森市宮田高瀬)で、まちなか清掃キャンペーンを行います。
青森ワッツの選手といっしょに敷地内のゴミを拾い、その後、バスケット教室などで交流します。ご家族でお出かけください。


むつ湾の絵コンクール2019作品募集中(2019.7.9)

クリックでPDF表示

 恵み豊かなふるさとの海「むつ湾」の自然を守るには、沿岸に暮らす私たちがむつ湾を知り、身近に感じ、楽しむことが大切です。
今年もむつ湾の生き物、むつ湾で遊ぶ、むつ湾で働く、いろいろなむつ湾をテーマにした絵を募集します。
夏休みの思い出に、海の絵を描いて送ってください。


「エコ活サロン」でエコな暮らしのヒント学んでみませんか?(2019.7.9)

クリックでPDF両面表示

 子育て中のお母さんを対象に、家電製品の省エネな使い方、実際どのくらいの節約になるの?など、暮らし方のちょっとした工夫でお財布にも環境にもやさしい「エコ活」について紹介するミニ講座です。
子育てグループの講座やイベント、学習会に無料でw講師を派遣します。
子どもたちの未来のために、エコな暮らしのヒント、ちょっと学んでみませんか?


緑のカーテン講座を開催!(2019.7.9)


みんなでネット張りしました
(横内市民センター)
クリックで拡大

 6月14日(金)青森市横内市民センターと21日(金)青森市東部市民センターで、緑のカーテン講座を開催しました。青森市民54名が、参加しました。
 はじめに、アースレンジャーの今 京子先生から緑のカーテンのしくみ、緑のカーテンの作り方、ゴーヤの育て方、緑のカーテンが地球温暖化防止につながることなどを学びました。
 その後外に出て、全員で力を合わせて支柱を立て、縦3.6m横3.6mのネットを張り、苗の植え付けを体験しました。夏には緑のカーテンになることでしょう。
 最後に、参加した皆さんに苗を持ち帰ってもらいました。自宅でも緑のカーテンに挑戦してもらい、秋に報告書を提出してもらうことになています。


(左)はじめに育て方を学びます(右)みんなでネット張りしました(東部市民センター)

※クリックで拡大表示



産官学民連携 むつ湾クリーンアッププロジェクト キックオフ宣言!(2019.5.31)

※クリックで拡大表示

 5月27日、青森市のスタートアップセンター(青森商工会議所1F)で、産官学民連携むつ湾クリーンアッププロジェクト」のキックオフ宣言が開催されました。
 恵み豊かなむつ湾は、下北半島と津軽半島に囲まれ閉ざされた湾になっているため、一度汚染されてしまうと簡単には回復できません。現在、世界中で問題視されている「海洋ごみ」を自分ごと化し、「これ以上、海にごみを出さない」という意識を社会全体で向上させていくため、このプロジェクトはスタートしました。
 西秀記実行委員長のほか、外ケ浜の山崎町長、青森市から前多副市長、横浜町柏谷教育長、アンバサダー青森ワッツから菅選手、臼井選手、そして、白鳥五大青森市ストップ温暖化センター長が参加しました。
 このプロジェクトは、日本財団のCHANGE for the BLUEと連携し、むつ湾広域連携協議会のSAVE the むつ湾の 協力で実施します。
 6月8日(日)の青森市サンセットビーチあさむしを皮切りに、沿岸8市町村で海岸清掃や街なか清掃を展開、1万人の参加を目指しています。9月22日(日)には青森市で活動発表会も予定しています。お近くで開催の海岸清掃、街なか清掃に、ご家族で、お友達と、ぜひご参加ください。


(左)青森市/むつ市(右)平内町
※クリックでPDF表示




ごじゃらっと広場で子供達と楽しみました(2019.5.26)

 5月12日(日)、今年もごじゃらっと広場(青森県子ども家庭支援センター主催)が開催されました。
 「五月晴れ!」の青空のもと、オープンと同時にたくさんの親子連れが訪れ、さまざまなゲームや手作り体験を楽しみました。
 ストップ温暖化センターのブースでは、ペットボトルボーリングや、牛乳パックで作るパックコプター、ペットボトルけん玉などを作って遊びました。


(左)ペットボトルボーリング(右)ペットボトルでけん玉づくり
※クリックで拡大表示




青森市エコライフセミナー 緑のカーテンを始めよう(2019.5.26)


※クリックでPDF表示

暑い日差しを遮ってくれるゴーヤを育ててみませんか?
ゴーヤの育て方を学び、苗を持ち帰っていただきます。
「緑のカーテン」で夏を快適に過ごしましょう。
9月ごろの事後アンケートにお答えください
@青森市横内市民センター
 日 時:2019年6月14日(金)10:00〜12:00
 会 場:青森市横内市民センター(青森市横内字亀井28)
 講 師:今京子先生(あおもりアースレンジャー)
 参加費:無料 苗を2株配付します。
 申し込み:6月3日より電話で受付30名様まで。
 月〜金 9:00〜17:00




※クリックでPDF表示

A青森市東部市民センター
 日 時:2019年6月21日(金)10:00〜12:00
 会 場:青森市東部市民センター(青森市原別3-8-1)
 講 師:今京子先生(あおもりアースレンジャー)
 参加費:無料 苗を2株配付します。
 申し込み:6月3日より電話で受付30名様まで。
 月〜金 9:00〜17:00




→電話:017-721-2480 青森市地球温暖化防止活動推進センター


「大すき!あおもり」オリジナル環境学習教材ができました!(2019.5.26)

 青森市の歴史や文化、伝統料理から生活排水、ごみ、地球温暖化までを学ぶことができる、環境学習教材「大すき!あおもり」が完成しました!
 子供達が、自ら考え、話し合いながら並べていく体験型教材で、中学生以上でも対応できます。大人向けプログラムもあります。
 将来、ふるさと青森を離れても「青森大すき!」でいて欲しいと、推進員有志による「チームあずまし」が制作しました。
 所要時間は約90分。地域の学習会、ワークショップ等にご活用ください。


※クリックで拡大表示




「エコ先生」になりませんか?環境出前講座の担い手「環境教育専門員」募集中!(2019.5.26)


どっちかなゲーム
クリックで拡大

青森の未来を担う子どもたちの環境学習の機会として、県では小学校を対象とした環境出前講座を実施しています。
 現在、平成31年度における環境出前講座の担い手となる「環境教育専門員」を募集しています。環境保全や児童教育に関心のある方は、ぜひご応募ください。(県の環境教育プログラムを活用していただきますので、環境に関する専門知識がなくても大丈夫です。)


 <環境教育専門員とは>
 ・主に小学校で、県の環境教育プログラムによる環境出前講座を実施する方です。
 ・ボランティアとして活動していただきます。(旅費の支給あり)
 ・環境出前講座は、同じ地域の環境教育専門員と一緒に、複数名で実施します。
 ・学校など実施先との事務連絡、環境教育専門員の日程調整などコーディネート業務は、NPO法人
青森県環境パートナーシップセンターが行います。(青森市内)
 <環境出前講座(環境教育プログラム)について>
 3種類の小学校向け環境教育プログラムにより環境出前講座を行っていただきます。
 ◆どっちかな?ゲーム(低学年向け)
  ものを大切にする気持ち、もったいないと感じる心を育み、ごみを減らす方法を学ぶ。
 ◆買い物ゲーム(中学年向け)
  買い物体験を通してごみについて考え、ごみを減らす方法や環境に配慮した買い物の仕方に
ついて学ぶ。
 ◆省エネゲーム(高学年向け)
 ・地球温暖化の原因や影響について知る。
 ・省エネの大切さや、実践方法について理解する。

 <申込期限>
 令和元年5月31日(金)
 詳細は、下記をご確認ください。
https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/kankyokyoiku-senmonin.html


COOL CHOICEあおもりアクションプログラム2019を策定(2019.5.26)

 もったいない・あおもり県民運動推進会議では、「COOL CHOICEあおもり」を合言葉とした地球温暖化対策の取組強化を着実に進めるため、推進会議構成団体及び行政部会の取組方針を毎年「COOL CHOICE あおもりアクションプログラム」として公表しています。
 もったいない・あおもり県民運動の一層の充実を目指し、当センターも推進会議構成団体と一致協力してこのアクションプログラムを推進していきます。

 県民の皆さんも、「COOL CHOICEあおもり」を合言葉に、青森県の温室効果ガス削減目標の達成のため、省エネルギーやごみ減量、リサイクルに一緒に取り組みましょう!
詳細は、下記をご確認ください。
https://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/coolchoice_aomori.html


今年も寄付をいただきました!(2019.3.16)

クリックで拡大

あいおいニッセイ同和損害保険(株)様から、今年も寄付をいただけることになりました。
3月14日、藤本和也支店長が事務局を訪れ、渋谷代表に目録を手渡しました。
あいおいニッセイ同和損害保険(株)様いつもありがとございます。


→トップへ戻る